1. HOME
  2.  > ママと赤ちゃんの健康づくり
  3.  > 親子ヨガ
  4.  > vol.2長座前屈(背中を伸ばす)ポーズ!

ママと赤ちゃんの健康づくり

親子ヨガ

首座りから~いくつになっても!

産後、1ヵ月検診受診後、体調に問題のない方


親子ヨガ 「長座前屈(背中を伸ばす)ポーズ!」

ママの授乳や抱っこで凝り固まった背中を緩めましょう。
子供の背中も柔軟に!
お互いに効果を感じてみましょう。

▼始める前の注意事項
●発熱やウィルス性の病気など、明らかに体調が優れない時は控えましょう。
●お子さんが嫌がる時や、他に興味があるときは無理に行わないように。
●お子さんと一緒に行う場合は、機嫌の良いを時間を見つけて行ってみて下さい。
●身体のどこかに痛みを感じたら、すぐに中止しましょう。
●特にお腹周り、身体を締め付けない楽な服装で行いましょう。

*対象年齢*
ママ・・・・・・産後、1ヵ月検診受診後、体調に問題のない方
ベビー&子供・・首座りから~いくつになっても!

▼やってみよう!
1、ママは両足を揃え前に延ばし、長座で座ります。

2、子供はママと向き合うように膝の上に座らせます。
この時、片手で子供のお尻、もう片方の手で首の後ろを支えます。
(特に1歳未満の子供は、首の後ろをしっかりと支えること)

3、ママの姿勢→お腹(丹田)を楽に引き上げ、背筋を伸ばし、
骨盤が床と垂直になるように立てて座る。
肩や背中は緊張せず、力を抜きましょう。
更に膝を伸ばし、足のつま先は上に向け、踵を前方へ押し出すイメージを持つ。

4、姿勢が整ったらまずママは大きく息を吸って、次に吐きながら、子供を抱っこする形で前に前屈をします。

5、息を吐き切ったら、吸いながら起き上がります。

6、何度か繰り返し行います。

7、今度はお子さんも一緒に前屈のポーズです!
ママはそのままの姿勢で、子供の頭をママの足先の方に向けて太もも、膝の上に寝かせます。
子供の両足を天井に向け、膝を伸ばします。
その足をママの胸で支え、子供の膝がなるべく曲がらないよう、ママは息を吐きながら少しずつ前屈をしていきます。

8、子供の様子を見て、キープできそうなら、ママは両手で自分の足先を持ち、3~5回程ゆっくりと呼吸を繰り返しましょう。

▼ポイント
1、下肢裏側が痛くなるほど頑張りすぎず、無理なく楽に呼吸が出来き、痛気持ちいい程度の姿勢で行いましょう。

2、前屈をする時は、反動をつけずに背中をなるべく丸めないよう、お腹と膝を引き寄せるイメージで。

3、前半の一呼吸づつの前屈の時は、子供に「ばぁ~」と声をかけながらや、子供の好きなお歌に合わせながらやってみると、とても楽しめますよ♪

4、子供も一緒に前屈のポーズでキープの時は、ママは更に踵を前方へ、仙骨(骨盤の後ろ側の平らな骨)を後ろの方向へそれぞれ意識を向ける。

5、膝の上でお子さんを寝かせたとき、落ち着かない場合は、お子さんの頭の下にハンドタオルなどで枕をつくってあげましょう。

6、同じ事を、ママは両足開脚で行う事も出来ます。

【情報提供】
赤ちゃんとママのヨガ教室konon~心音~
主宰:河合明子さん

ad_banner-2