1. HOME
  2.  > ママと赤ちゃんの健康づくり
  3.  > マタニティビクス
  4.  > 肋骨周りの痛みをとろう

ママと赤ちゃんの健康づくり

マタニティビクス

肋骨周りの痛み

マタニティビクス「肋骨周りの痛みをとろう」


▼始める前に

●体調が良くないときは止めましょう。
●妊娠中の方は、お腹が張ったりする場合は休みましょう。
●実施して、痛み(特に妊娠中の方)などを感じたときには中止しましょう。

▼肋骨周りの痛みをストレッチでやわらげよう

妊娠後半期になると、急激に大きくなってきた子宮によって、肋骨下部が圧迫されるために、肋骨下部に痛みを感じる人が出てきます。特に、前かがみになろうとするときなどに痛みを感じることが多いようです。
いい姿勢を心がけたり、伸びをして痛みを予防しましょう。

今回のエクササイズでは、わき腹を良く伸ばして、血行をうながしてあげましょう。
産後のママも、いつも同じ姿勢が続くとあちこち痛くなるものです。このストレッチで、
わき腹を伸ばしてみましょう。

▼それでははじめてみましょう

1.安定する椅子を用意し、足を肩幅より広めに開いて座ります。

2.右太ももの上に右手を置きます。

3.息を吸いながら左手は左下から半円を描くように頭の上まで持ってきます。

4.息を吐きながら頭上に伸ばした左手を右横側に倒し、からだの脇を気持ちよく伸ばします。

*この動作を左右交互に、2~4回ずつやってみましょう。
*呼吸は、手を上げるときに、吸い、横に倒すときに吐きます。
*ポイント:肋骨周囲の伸びを感じながら行うとGood!

マタニティビクス「肋骨周りの痛みをとろう」

 

 

 

 

 

 
指導:日本マタニティフィットネス協会小林香織先生

ad_banner-2