1. HOME
  2.  > 赤ちゃんの月齢別ページ
  3.  > 2歳
  4.  > 2歳4〜6ヶ月
  5.  > 〈生活〉2歳 反抗期のコツ

2歳

2歳4〜6ヶ月

〈生活〉2歳 反抗期のコツ

■ルールを守ろう

ママとのお買い物。パパと一緒のお散歩。
歩いていっても、自転車で行っても、交通ルールは折に触れて教えて行きましょう。

歩くときは手をつなぐ。
道の真ん中を歩かない。
交差点では左右をよく見て・・・・。

体験しながら、覚えていくものです。

そして、信号があるところでは、「赤」、「青」、「黄色」の意味をお話しましょう。
もう、「赤・青・黄色」の区別ができるはずです。

■待っててね

ママがとっても忙しいとき、「あれをして!」「これちょうだい!」など、ママにして欲しいことを要求することがありますよね。
そんな時、ママはちょっと「まっててね」と声をかけて、待っててもらいましょう。

この時期、少しの時間なら、待つことができます。
ですからママは、あわてて何でもやってあげる必要はありません。
少しずつ、がまんすることを覚えることができるからです。

大泣きしたり、そっくり返って要求を通そうとする子もいるかもしれません。
でも、首尾一貫した態度が大切です。

■これなあに? どうして?

とっても知りたがり屋さん。
一つ一つ、指差して「これ、なあに?」と、何でもかんでも聞きたがります。
ママもパパも、面倒くさがらずにきちんと教えてあげてくださいね。
また、ママがお話を読んで聞かせると、「どうして?」と聞きたがります。
どんどん聞かれて、ママもちょっぴり困ってしまうこともあるかもしれませんね。

ものの名前も、そして物語なども何度も聞くうちに、あらすじなどをすっかり覚えてしまうようです。

■何でもできるよ

ママが夕食の支度をしていると、お皿を運んでくれたり、食べ終えた後片付けのお手伝いをしたり、とってもマメです。
少しずつ自分のこともできるようになりました。
着ている服を脱いだり、くつをはいたりもちょっと時間がかかるけど、できるようになりましたね。

■「いやだ!」

何をしようと言っても「いや!」 あれもいや! これもいや!

ああとうとう、あの反抗期かな・・・。
聞いてはいたけど・・本当に困ってしまうママもいます。

自立して行く過程でどうしてもとおらなければならないこの「反抗期」
自分の判断したことがまちがっていて、ママやパパに指摘されるととても傷つきます。

ママは「ハイハイ」ということをきくばかりでもいけないし、「ダメダメ」ばかりでもいけない・・・・。

●上手に自信を持たせながら、いけないことはいけないと理解させる断固とした態度
●いいことは、失敗しても励ましながらどんどんやらせてあげる深い配慮
で、成長を見守ってあげましょう!

ad_banner-2